attention admin about comments trackbacks you may also like

昭和感じる【ドライブイン豊山】越後もち豚のもつ煮と自社製麺|新発田市

2023年01月31日

食べ歩記
10
老舗 ご当地グルメ 定食 ラーメン

多分、私が初めて新発田バイパス(国道7号)を通った時から、すでにそこに存在していたであろう一軒の飲食店。

時代が変わっても変わらぬその姿。しかも店名も看板も個性的で、一度見たら否応なく印象に残ってしまう。
さらに言えば、駐車場に車が無いのを見たことが無いかも知れないくらいにいつも誰かが利用しているお店。

ずっと気になってはいたものの入る勇気もなくて、謎のままだったお店の人気メニューが「もつ煮」であると最近になって知り、遅ればせながら遅いお昼兼夕食にお邪魔してきました。

昭和レトロなドライブインを侮るなかれ!
時代を生き抜いてきた新発田市の「ドライブイン豊山」初訪問記です。

相撲浮世絵が目印の古山製麺所直営店「ドライブイン豊山」

店舗右側から見たドライブイン豊山の外観

国道7号沿いの新発田市島潟にある「ドライブイン豊山」は、同市内で麺類や餃子の皮・焼売・ワンタン・春巻きといった各種皮類の製造を行っている有限会社 古山製麺所直営のお食事処です。

古山製麺所の創業は1927年(昭和2年)のこと。当初は手打ちそばの店だったそうですが、二代目の時代に製麺所とドライブイン豊山を立ち上げられ、現在は三代目がその事業を引き継いでいらっしゃるようです。

ドライブイン豊山の店舗にある左側の相撲浮世絵 ドライブイン豊山の看板

新発田バイパス沿いにも大きな看板が出ているので目印になりますが、何といっても目立って印象的なのが、店舗両サイドに描かれた相撲浮世絵とその真ん中にある「豊山」の大きな文字。

店は新発田バイパスに面してありますが、すぐ傍には国道290号との交差点もあり、地元民のみならず、県外からのドライバーや大型トラックの運転手さんなどにも良く知られているオアシス的存在のお店です。

ドライブイン豊山の右側入り口

店の入り口は二ヵ所あり、どちらから入店してもOKでが、私は向かって左側から入ることをおススメします。

新発田市出身の二人の豊山

さて、豊山という店名に相撲浮世絵と、随所に相撲を感じる昭和レトロなドライブイン。
実は初代豊山と二代目豊山はともに新発田市出身の力士であり、二代目社長とお二人は旧知の仲であったそうです。故郷に豊山の名前を残したいということで、昭和50年にはじめたドライブインに付けた名前が「豊山」。

店舗向かって左側の入口から入ると、初代と二代目豊山の化粧まわしが写真とともに展示されています。

初代豊山勝男

初代豊山の化粧まわしと写真

豊山勝男(1937年8月18日-)

  • 出身地:新潟県新発田市
  • 所属:時津風部屋
  • 入幕:1962年1月場所
  • 引退:1968年9月場所
  • 最高位:東大関

内田勝男氏(初代豊山)が相撲と出会ったのは大学に入ってからのこと。県立新発田商工高等学校定時制在学中は野球部で活躍し、プロの誘いもあったといいますから、きっとスポーツ万能な少年時代を過ごされてきたのであろうと思います。先生の勧めで東京農業大学農学部農芸化学科に進学すると相撲部に入り、4年生の時に学生横綱となります。その実績が認められ、1961年3月場所に時津風部屋から本名の「内田」として初土俵を踏み、1962年1月場所で新入幕を果たした際に「豊山」と改名しています。

初代豊山は1968年9月場所千秋楽当日に引退を発表し、その後は時津風部屋を継承。60歳の時に力士では初の大卒の理事長になると2期4年在職し、最後は相談役となって2002年に定年退職されています。

二代目豊山広光

二代目豊山の化粧まわしと写真

豊山広光(1947年10月22日-2020年9月19日)

  • 出身地:新潟県新発田市
  • 所属:時津風部屋
  • 入幕:1971年11月場所
  • 引退:1981年5月場所
  • 最高位:東小結

長濱廣光氏(二代目豊山)が相撲に出会ったのは幼少期の頃。県立新発田農業高等学校時代には高校横綱になるなど活躍をみせ、その後は東京農業大学に進学。大学4年生の時(1969年)に出場した第18回全日本相撲選手権大会決勝では惜しくも準優勝に終わったものの、相撲部時代の実績が認められて卒業後は初代豊山であった時津風親方の誘いで角界入り。本名の「長浜」として1970年3月場所に初土俵を踏み、1972年7月に時津風親方の現役時の四股名であった「豊山」に改名しています。

二代目豊山は1981年5月場所をもって引退を発表。その後の1982年12月に時津風部屋から独立して湊部屋を創設。15年もの長きにわたり勝負審判を務め、その後は副理事長の任期を全うし、最後は年寄・立田川として2012年10月に停年退職。2020年9月19日、膵臓がんのため72歳で亡くなられています。

電撃引退だった三代目豊山亮太

小学校入学前にテレビに映し出される四股名を声を出して読んでいたという丼父さん。そのDNAを受け継いだ我が娘もまた、気が付けばいつからか相撲好きな大人に成長していました。
ある日、そんな末っ娘から丼父さんに送られてきたLINEメッセージには一言

豊山、引退しちゃった…

…と。

2022年11月場所をもって引退を発表した三代目豊山亮太(本名 小柳亮太)もまた、新潟県(新潟市北区)出身であり、初代・二代目と同じ東京農業大学相撲部出身、同じ時津風部屋の力士だったのです。

尊敬する人、目標とする力士が初代豊山だった小柳は2016年3月場所で初土俵を踏み、2017年5月場所で新入幕を果たして「豊山」と改名。2020年7月場所で最高位の西前頭筆頭まで上がりましたが、2022年11月場所に29歳という若さで引退となってしまいました。

店内には番付が記された年代物の木製衝立があるのですが、それに貼り付けるようなかたちで「豊山引退についてとご挨拶」という2022年12月2日付けの豊山の実母(小柳由紀子さん)からのメッセージがありました。

本当に近い存在だからこその内容は、三代目がどれだけ苦労されたのかを物語っていました。今後はパーソナルトレーナーを目指すとのこと。次のステージでも是非頑張ってください。

店内の様子

大相撲初場所が放送されていたドライブイン豊山の店内の様子

国道に面するように間口の広い店内は広々としており、カウンター席、テーブル席、小上がりとあって、いかにも国道沿いの大衆食堂といった印象。そして、食事をするには少し中途半端な時間帯にも関わらず、やはり数名の先客があるのもここを通過する度、何度も目にしてきた光景のままでした。

訪ねた日が丁度、初場所が始まったばかりの頃だったので、テレビに映し出される大相撲を眺めながらの早めの夕飯となりました。

ドライブイン豊山の小上がり席の様子

メニューはどれを選んでもボリューム満点

ドライブイン豊山の定食メニュー表

定食・丼物

ドライブイン豊山の中華麺メニュー表

中華麺

メニューは定食・丼物・中華麺・ドリンク類。
以前よりも内容が変更され、コロナ禍もあってメニュー数も随分絞られたようですが、自社製麺を使った麺メニューはバリエーションも豊富で迷うほどです。

おススメメニューは赤文字で記してありますが、越後もち豚を使用したもつ煮が美味しいことでも人気のお店です。

一番人気の「もつ煮定食」プラスα

ドライブイン豊山のもつ煮定食ミニラーメンセット

もつ煮定食(1,070円) ミニラーメンセット(420円)

お店の一番人気「もつ煮定食」は、ご飯、もつ煮、小鉢、漬物付き。
以前は定食全般に味噌汁が付いていたようですが、現在は味噌汁が付かないため、一緒にミニラーメンを注文してみました。

それぞれのボリューム感が分かりづらい写真になっていますが(汗)、ラーメン丼の大きさで、そのほかの盛りの良さを察していただけたら幸いです。

ドライブイン豊山のもつ煮 越後もち豚のもつ

ドライブイン豊山では、使用している豚肉の全てが新潟のブランド和豚である「越後もち豚」になります。もつ煮に使われているもつも勿論、越後もち豚のもつを使用。

丁寧に下処理され、大鍋で2時間以上煮込んだもつはとても柔らかで、さっぱりとした味噌仕立て。一緒に煮込まれているのはコンニャクのみのシンプルさですが、それゆえ誤魔化しがきかず、もつ本来の旨味を存分に味わえる一杯です。

たっぷりとトッピングされた小口の長ネギ、そして珍しいおろし生姜の風味も味噌に良くマッチして、食べ進むにつれて身体がポカポカしてきます。卓上の七味をちょいと振って、辛味をプラスしてもまた旨い!

もつ煮定食に付けたミニラーメンセット ミニラーメンの麺リフト

古山製麺所の直営店ということもあり、定食とセットにしてみたミニラーメン。名前はミニですが、こちらもなかなかの盛りだくさん。

麺は食べ易いやや縮れの中細麺。モチモチの麺に優しい味わいの醤油スープが良く絡みます。
トッピングはメンマ、かまぼこ、モヤシ、ほうれん草、長ネギ、そしてこちらもチャーシューには越後もち豚が使われています。

中華麺メニューの中にも麺量半分のミニラーメンがありますが、単品でミニラーメンを注文するよりも定食とのセットにした方が100円も安くいただけてお得感もあります。

ご自慢麺を使ったメニューより

ドライブイン豊山の特製チャンコラーメン

特製チャンコラーメン(870円) 大盛り(110円)

末っ娘が食べていたのが、中華麺メニューのなか赤文字で書かれていた「特製チャンコラーメン」でした。

こちらは人参に白菜、しめじやえのきなどキノコ類がたっぷりと入った醤油味のあんかけスタイル。
ミニラーメンと同じ麺かと思いきや、それよりも少し太い中太麺で提供されていて、さすが古山製麺所の直営店!と思ってしまいました。

こちらも比べるものが無くて大きさ加減が分かりにくい一枚ですが、大サイズの丼に入って提供されています。

おしまいに

向かい合って置かれたドライブイン豊山のもつ煮定食ミニラーメンセット

大相撲初場所を見ながらいただくドライブイン豊山の名物「もつ煮」は最高でした。
某県の行列ができるもつ煮専門店にもお邪魔したことがありますが、食べ応えもありつつ、もつの旨味が溶け込んだ優しい味わいのスープまで飲み干せてしまうドライブイン豊山のもつ煮。こちらの方が好みだと、もつ好きな丼父さんが感想を述べておりました。

豊山は名物のもつ煮だけでなく、ご飯も小鉢も麺類も全てが美味しく、丁寧に手作りされているところにも50年近く続く老舗を感じました。どれも少しずつ量が多めで提供されますが、ご飯とおかず、ご飯と麺を交互に食べているうち、気付けばしっかり完食でした(肥)。

そしてフロア係のお姉さんが仕事慣れはしているんだけどとても優しい雰囲気で、きびきびと作業をこなされているのも好感が持てるお店であったと思います。

寒い冬はもちろんのこと、夏のスタミナ源にももつ煮は最高!また美味しいもつ煮が食べたくなったら、新潟出身の三人の豊山を感じられるドライブイン豊山にお邪魔してみようと思います。

御馳走様でした。(Monday, January 9, 2023)

店舗左側から見たドライブイン豊山の外観

中古車販売もやってます!

ドライブイン豊山

  • 住所:新潟県新発田市島潟1270 ※Google mapリンクアイコン
  • 備考:昭和50年(1975年)創業
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
ご訪問ありがとうございます。管理人の体験談を心のままに綴ったブログです。
話題に時差あり、脱線もあり、時に辛口意見もございます。
私感強めな内容ですが、長年積み上げてきた情報満載!何かのお役に立てたなら幸いです。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません。画像のお持ち帰りは固くお断りいたします。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

コメント(10)

There are no comments yet.

NOB  

2023/01/31 (Tue) 19:35

私もメニュー見てもつ煮定食って思ってたら
もつ煮定食にミニラーメンセットか・・・
ちょいボリュームありますね!

もつ煮定食で噌汁無いとちょっと寂しいね!
ミニラーメンを頼ませるお店の魂胆か・・・(笑)

さえき奎(けい)  

2023/01/31 (Tue) 23:02

No title

>それぞれのボリューム感が分かりづらい写真になっていますが(汗)、ラーメン丼の大きさで、そのほかの盛りの良さを察していただけたら幸いです

いえいえ、ラーメン好きならその半端ないボリュームが一目でわかりますよ(笑)。
でも、これだけでもすごくリーズナブルなお値段で、お得感いっぱいだということもわかりました(笑)。
「どれも少しずつ量が多めで提供」されるというのがうれしいですね。
今はその逆を行くお店ばかりが増えているように思います(笑)。

>特製チャンコラーメン(870円) 大盛り(110円)

これもすごく美味そうです。
実は私、五目汁そばなど、あんかけ系も大好きなんです(笑)。

rossi  

2023/02/01 (Wed) 05:23

新しくブログ開設しました(・∀・)

ごっつい量ですねー(・∀・)

でも、もつ煮はワシも食べたい( ー`дー´)

新しくブログ開設しましたので、お暇がありましたら
また寄ってやって下さいませ。

そふぃあ  

2023/02/01 (Wed) 08:52
そふぃあ

To NOBさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

モツ煮+ミニラーメンは結構なボリュームでした。
だけど、お相撲さんに関係する食堂だからか、これくらいの大盛りの方が食べていてたのしいというか。
女性で定食を頼む場合、ご飯少なめでお願いしている人もありましたよ。

確かに、定食に味噌汁が無いのは寂しい感じもしますけど、麺類食べて欲しいという気持ちもあるのかも知れないですね。
ご飯もラーメンも美味しいお店でした。

そふぃあ  

2023/02/01 (Wed) 08:56
そふぃあ

To さえき奎さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

ラーメンの大盛りはレンゲとの比較で…と思いますが、今回はラーメン丼が大きさの基準でした。
お相撲さんの名前のお店なので、ちょっとずつ盛りが多いくらいで丁度良い感じ。
このご時世でも変わることなく、たっぷり食べられて幸せなお店でした。

チャンコラーメンはどんなのが出てくるのか?と思いましたが、野菜たっぷりでヘルシーなあんかけでした。
あんかけ好きな人も多いですし、冬場は熱々でこちらもあたたまるメニューですね。

そふぃあ  

2023/02/01 (Wed) 08:58
そふぃあ

To rossiさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

地元力士の名前のお店だけあって、盛りが良くて美味しいお店でした。
新潟県内にもポツポツとモツ煮のお店があるのですが、気軽に入れるドライブインという環境で、美味しいモツ煮が味わえて良かったです。

新ブログ開設おめでとうございます。
またお邪魔させていただきます。

駐在おやじ  

2023/02/01 (Wed) 13:24

このもつ煮定食良いですね ^^
ドライブインのラーメンか~~~ と思ったんですが そうかここは製麵屋さん 
これは 期待できますね

確かに この外観は一発で覚えますね そして 入る勇気が無くて の意味もよくわかります www
地域出身 そして知り合いの 力士を盛り上げたいという 気持ちがよく表れてますね
良いお店 長く続いてほしいですね

  駐在おやじ

そふぃあ  

2023/02/01 (Wed) 14:15
そふぃあ

To 駐在おやじさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

すりおろし生姜と味噌の味が良くマッチして、柔らかく煮込まれたモツは最高でした。
製麺業の方が経営されているので、麺メニューも豊富でまた美味しかったです。

今は道の駅も普及していますが、それが無い時代からドライバーのオアシスだったところ。
いつも利用者があるのを横目に見ながら、なかなか入れなかった自分にも後悔しました。
やはり、長く続く老舗の味は間違いないですね。

うしかい座  

2023/02/01 (Wed) 18:40

こんばんは。

ワタシが良く知る豊山は二代目です。
長浜というシコ名も思い出しました。
いわゆる相撲取りのような、太った体形ではありませんでしたが、右四つの正攻法だったと記憶しています。
四股を踏む姿が美しかった記憶があります。
この頃は個性的な力士がいて、面白かったです。
ああ、懐かしい。

そふぃあ  

2023/02/02 (Thu) 08:37
そふぃあ

To うしかい座さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

二代目豊山関の時代、良く記憶しておられるのですね。
いろいろと思い出していただき、懐かしく思っていただけて何よりです。

私は相撲には疎くて、現役時代の姿を記憶していないのですが、長く勝負審判をされていたので、土俵下に座っておられる羽織袴姿は記憶に残っています。
若くして亡くなられてしまったことが残念ですが、その名前をつけた郷里の飲食店が繁盛されて、きっと喜ばれていることでしょう。