瓢湖の白鳥2018

Byそふぃあ

----- Sunday, October 21, 2018 ----------  Dawn太(生後1,336日)
毎年10月に入ると、Dawn太の散歩道にある水辺にも、たくさんの白鳥が飛来してきます。
ある程度まとまった集団になってくると、朝晩は白鳥の鳴き声が自宅付近からも聞こえて賑やかです。
今年、初めて頭上で白鳥の群れを確認したのは、10月入ってすぐの夕散歩の時で、例年よりも少し早い気がしました。

そして白鳥たちが飛来してくれば、行ってみたくなる場所がある。そう!

白鳥の湖「瓢湖」

瓢湖2018
瓢湖は、そのかたちが瓢箪に似ていることが名の由来になっている人造湖(用水地)です。
昭和29年(1954年)3月に、白鳥の渡来地として「国の天然記念物」に指定されています。
その後の平成17年(2005年)になると国指定瓢湖鳥獣保護区(集団渡来地)にも指定。さらに平成20年(2008年)10月にはラムサール条約の登録湿地にもなっている場所です。

瓢湖2018
瓢湖の白鳥さん、今シーズンは10月4日に初めて飛来が確認されたそうです。
私が近所で確認したのと、ほぼ同時期ですね。

日中は、圧倒的にカモさん優勢の湖。

瓢湖2018
丼:アッ、きたよ!来たよ!

瓢湖2018
偶然にも時間帯が良かったようで、瓢湖に着いてしばらくすると、田んぼに餌探しに行っていた白鳥たちが、湖に戻ってくる姿がみられました。

今の時期は田んぼに餌が豊富なので、夕刻前に帰ってくるんですね。

群れが旋回しながら頭上を飛ぶ様子は圧巻!

瓢湖2018
湖上もさらに賑やかになって、白鳥の湖らしくなりました。

瓢湖2018
こんなに観光客が多い場所なのに、のんびりと日向ぼっこしている黒猫ちゃんがいました。

首輪をしていたので近所の飼い猫ちゃんだと思いますが、とっても人懐っこい子で、私が近寄っても逃げないし、撫でるとゴロゴロ甘えてくる子でした。

瓢湖2018
ところが。。。Dawn太のことは嫌いらしくて(;^ω^)

Dawn太は猫も好きだし平気なので、相手が威嚇しているのを知ると、知らん顔で通り過ぎるだけ。
一方の黒猫ちゃんは、Dawn太の姿があるうちは、わざわざ見える場所まで移動しつつ、背中の毛を逆立てて威嚇姿勢のままでした。
後日、散歩道でも同じように、ずっとDawn太の後をつけて来ては威嚇し続けている猫ちゃんに会いました。犬なら視線を外して知らん顔で通り過ぎるところですが、猫ちゃんたちは一様に、相手が見えなくなるまで威嚇し続けるものなんですね。勉強になりました。

瓢湖2018
この日は湖周辺をトコトコ歩くのも目的だったので、今まで行ったことの無かった瓢湖片隅からの五頭連峰方面の眺め。

お天気も良くて、歩いているとポカポカ!
空模様もすっかり秋ですね。

瓢湖2018
また、白鳥の群れが帰ってきました。

瓢湖2018
行きに警戒された黒猫ちゃん。
相手が何もしないのを知ると、帰り道は身を潜めて見守っているだけでした。賢い!

私の目的イベントは午後3時終了。
時を同じくして、遠くの方から「来ぉ~~い、来ぉ~~い!」と、よく通る男性の声が呼んでいます。

瓢湖2018
ふれあい桟橋付近は大賑わい!
丁度、白鳥たちの餌付け時間でした。

日本で初めて野生の白鳥の餌付けに成功したのが、ここ「瓢湖」
現在は三代目になる「白鳥おじさん」が活躍されていて、日に3度ある餌付けの最後がこの時でした。

今シーズンは10月15日から、餌付けタイムが始まっています。
この様子もまた、瓢湖の風物詩ですもんね。

関連記事

✽ Comments ✽ 0

There are no comments yet.

✽ Leave a reply ✽