妻有のジェラートショップ ピオーネ

Byそふぃあ

----- Sunday, October 14, 2018 ----------  Dawn太(生後1,329日)
久しぶりに、新しいジェラート店を開拓しました!

最寄り駅は、飯山線の土市駅。
土市駅といえば、駅舎は我が田舎町よりもコンパクトで可愛らしく、しかも終日無人駅。
Wikipedia参照のこと →
そんな可愛らしい駅舎の前には、台湾アーティストによる大地の芸術祭作品「Kiss & Goodbye」が置かれていて、もう少しお天気が良くてこの先の予定も無い時なら、Dawn太を入れて撮影してみたい場所でした。

そんな土市駅から、僅かに徒歩1分の場所にあるのが、今回お邪魔したジェラート店です。

妻有のジェラートショップ ピオーネ

妻有のジェラートショップ ピオーネ
こちらのお店の存在を知ったのは、今年の盛夏の頃、ローカル番組の冷スイーツ特集で紹介されていた時でした。

お店を営んでおられるのは、先輩世代のご夫婦。
もともとジェラートがお好きだったそうで、方々で食べ歩きなどされたそうです。
ある時、旅先のジェラート店で見た、ジェラートを手に嬉しそうなカップルの姿が忘れられず、「自分たちもあんな風に、ジェラートで人を笑顔にできるようになりたい!」と、一念発起。
。。。と、こんな風に番組内で奥様が語っておられたと記憶しています。
昨年春に夢を実現させ、OPENさせたのがこちらのお店です。

妻有のジェラートショップ ピオーネ
お店の前には、その日のジェラートメニューが表記された看板が置かれていました。

季節により変わるメニューは、地元・妻有地区の食材をメインに、旬を迎えた有名産地のものも含め、常時10種類程度が用意されています。

看板に見える「プラチナミルク」は、ジャージー牛の生乳を使ったメニューです。
真夏にはシャーベット系商品も並ぶようですが、番組を拝見しながら好感が持てたのは、他店では安易にシャーベットにしてしまう素材でも、しっかりとミルクと合わせてあるというところでした。
きっと使っている牛乳も、ご店主納得の逸品なのだと思って拝見していました。

店内入って驚いたのは、ジェラートのお値段。
シングル 300円、ダブル 350円、トリプルでも400円という破格値です。
こんなところにも、ご店主の心意気が伝わってきますね。

このお値段なら、トリプルにしようか?。。。と悩みつつ

栗 & ブルーベリーミルク(350円)

妻有のジェラートショップ ピオーネ
「小布施栗 あと少し…」の看板の文字にやられました!(笑)

どちらも食材の味がはっきり伝わってくるだけでなく、ミルクの味もしっかり感じられます。
食材とミルクのバランスが良くて、これは誰にでも好まれる味ですね。

妻有のジェラートショップ ピオーネ
イートインスペースは僅かなので、店内が混雑している時など、否応なしに外席になってしまうと思いますが、外席は犬同伴もOKだそうです。

番組内では奥様が、特盛な感じで盛り付けていましたが、この日は若い子がモタモタした感じで盛り付けていたので、ビックリするようなサイズでは無かったです。
慣れていないのか、2種類の分量もバラバラで。。。(;^ω^)

盛りつけが遅いことで、時間帯によっては行列ができるみたいです。
私の前に2人しか待っていない状態だったのに、ジェラートを受け取って店を出る時には、私の後ろに5~6人待ち客が並んでいました。おやつ時でない時間帯でもこんな風。

味的には良くできていて美味しかったので、また時期を変えてお邪魔してみようと思います。
ご馳走様でした♡

妻有のジェラートショップ ピオーネ
妻有のジェラートショップ ピオーネ (2017年4月15日OPEN)
住所 十日町市新宮甲438番地1  地図
URL https://pione-yumi.jimdo.com/

関連記事

✽ Comments ✽ 0

There are no comments yet.

✽ Leave a reply ✽