王ヶ頭 ~リベンジ美ヶ原②~

Byそふぃあ

 ----- Monday, October 8, 2018 ----------  Dawn太(生後1,323日)
美ヶ原高原美術館の駐車場から、広大な平原を小一時間ほど歩いて来ました。

王ヶ頭
美ヶ原牧場の牛さんたちの群れとお別れする頃になると

王ヶ頭
眼下には、松本平が広がる様子がみえるようになります。

王ヶ頭
次の目的地までもう少し!

王ヶ頭
ふと振り返ってみると、登り始めだった牛伏山が、印象的な姿でこちらを向いていました。

王ヶ頭
▲写真の左方向から右方向に向かって、ここまで小一時間ほど歩いて来たのです。

王ヶ頭
ほぼピークで記念撮影。

王ヶ頭
歩く向きが変わったので、見える景色も大きく変化しました!

王ヶ頭
これまでは牛さんを眺めながら平原を歩いて来ましたが、ここからは絶景の連続です。

王ヶ頭
そんな絶景ポイントに建つ 美ヶ原高原 王ヶ頭ホテル
雲上のホテルとしても有名です。

王ヶ頭
ホテル裏手にある石祠と石像たち。
鳥居には御嶽神社という文字があり、御嶽教の名残りだと思われます。

王ヶ頭
石像たちが眺めていた景色(左)

王ヶ頭
(中)

王ヶ頭
(右)

王ヶ頭
何でスマホでパノラマ撮影しなかったんだろ!?と、今更後悔。
三枚連結してみましたが微妙な感じ。(;^ω^) 
 
王ヶ頭
そして、石祠の先にあるのが2つ目の目的地。

王ヶ頭
先に到着した末っ娘が、先端で絶景撮影中です。

王ヶ頭
日本百名山のひとつに謳われる美ヶ原のピーク、標高2,034mの 王ヶ頭
麓の松本から見ると、頭に冠を戴いた王の顔のように見えるため、この名で呼ばれています。

王ヶ頭
長野県のほぼ中央に位置し、広範囲を見渡すことのできる高台ゆえ、放送・通信の要衝となっており、山頂付近には複数の電波塔が建ち並んでいます。

王ヶ頭
高いとこ好きくんと一緒に、私も絶壁に立ってみました。

王ヶ頭
古い火山が長い年月をかけて風化したことで、美ヶ原高原の広大な土地は平らなのだそうです。
その一方、王ヶ頭・王ヶ鼻のように高原の先端部は断崖絶壁となり、薄い層を成した平たい石が積み重なったようになって地表を覆っています。
大地の神秘を感じますね。

王ヶ頭
下に見えるのは、王ヶ鼻へと向かうアルプス展望コースの道です。
ああいう道の方が好きなので、次回があったら、今度はアルプス展望コースを歩いてみたいです。

王ヶ頭
山は秋色になり始めていました。

王ヶ頭
松本平と折り重なる山々。

王ヶ頭
大きな雲もあり、逆光で写真もぼやけた感じですが、連なる山々の絶景を楽しめました。

王ヶ頭
一旦、王ケ頭ホテルまで戻ってトイレ休憩し、さらに先を目指します。
続く。。。

関連記事

✽ Comments ✽ 0

There are no comments yet.

✽ Leave a reply ✽