小布施堂 点心朱雀2018

Byそふぃあ

----- Monday, September 17, 2018 ----------  Dawn太(生後1,302日)
小布施堂 朱雀2018
季節はめぐり、今年もまた小布施の街に「新栗」の季節がやってきました。

小布施堂 朱雀2018
そうなれば。。。おのずとできるコノ大行列。
新栗の時期恒例、小布施堂さんの点心朱雀を求め、整理券配布に並ぶ人たちの列です。

雨の日だって、平日だってお構いなし!
新栗のこの時期になれば、連日できる大行列。
例年、朱雀提供後半になるにつれ、この大行列がさらに長くなってしまうという話なので、それならば。。。と、今年は提供開始すぐに行ってみようと思っていました。

。。。ところが!
今年は朱雀提供開始が秋の三連休初日と重なってしまったため、スタート早々に大行列を生むという、お店側としては嬉しい悲鳴。

小布施堂 朱雀2018
我が家の三連休は、前二日間は学校行事と大会で潰れてしまったので、否応なしに連休最終日が朱雀日となりました。

朝から霧が発生し、高速道路も速度制限がかかっていたため、普段以上に時間が掛かり、ようやく列に並んだのは午前8時少し過ぎ。
私が朱雀行列に並び始めて5年の中で、一番長くなった列の最後尾についた時には、整理券配布の列が、すでに少し動き出したところでした。

小布施堂 朱雀2018
年々ヒートアップする大行列。
そんな様子を、赤く染まったヤマボウシが、冷ややかに眺めているようにも見えました。

小布施堂 朱雀2018
整理券をもらうだけで45分。
また少し気温の上がってくれた頃だったので、早朝の順番待ちも苦では無かったです。

小布施堂 朱雀2018
実際に券を受け取ってみると、人の数ほど席順は遅く無くて、ちょっとビックリでした。
(実は昨年も同じ96番目GETだったので、それもまたビックリでしたけど。)

後になって、別のお店の人が教えて下さったのですが、この日はまだ行列もマシだったそう。
連休中日だった前日(販売2日目の16日)は、朝の6時50分に並んだ人までしか整理券が手に入らなかったそうです。

小布施堂 朱雀2018
提供までの間はDawn太を連れ、もうすっかりお馴染みになった小布施の街を散策。

小布施堂 朱雀2018
菓子工場へと抜ける門付近には、今年も栗カートの山ができていました。
カートは空きの状態でしたが、ぎっしり入って運ばれた栗が、工場の中でかたちを変えている最中なのだと思うと、なんだか待ち時間もワクワクします。

小布施堂 朱雀2018
午前中に通った時、本宅前の中庭では「焼き栗」の販売もされていました。
順番がくる頃には、もうすでに栗釜だけが置き去りの状態。
圧力をかけて焼くタイプなので、焼き栗もホクホクで美味しいですよね。

小布施堂 朱雀2018
1時45分。我が家の番号が呼ばれて本宅内へと。

小布施堂 朱雀2018
ビックリだったのは、昨年と同番号だったばかりか、案内された席までが一緒だったこと。

小布施堂 朱雀2018
3年連続で同じ場所に案内されているので、神棚の下は私の指定席かも知れません。(笑)

栗の点心 朱雀(1,500円 / お茶付き)

小布施堂 朱雀2018
席に座れば間もなく運ばれてくるのは、秋の新栗の僅かな期間限定、予約も、お取り置きも、持ち帰りすらできず、ここだけでしか味わえない特別デリケートな和スイーツです。

小布施堂 朱雀2018
見た目はモンブランのようですが、食べてみると全く別ものです。

新栗を蒸しあげて皮を除き、砂糖も加えず、そのままを素麺状に裏漉ししただけ!
15個分とも噂される数の栗を裏漉ししたものが、1人前といわれています。

中央部にのみ、甘い味のある栗餡が仕込んでありますが、栗素麺の部分は、その年に収穫された栗そのままの味がします。

小布施堂 朱雀2018
きっと今年の猛暑は、栗にとっても過酷だったのでしょうね。。。
2014年から食べ始め、人生5度目の朱雀は、特有の渋みも無く、栗の味も少し淡いように感じました。

小布施堂 朱雀2018
帰り際、一斉に客が引けたのでしょう、一時お座敷が空っぽになり、この時期ではあり得ないような一枚を撮ることができました。

小布施堂 朱雀2018
昨年から値段が五割増しになった朱雀ですが、SNSでの拡散もあり、その人気ぶりはさらに上向き傾向にある気がします。

私自身もきっとまた、来年も大行列に並ぶのだと思います。

小布施堂 朱雀2018

■場所 小布施堂本店・本宅
■期間 2018年9月15日(土)~10月15日(月)
■時間 提供:9:00~(受付:本店にて平日8:30~ / 土・日・祝8:00~ )
■URL http://www.obusedo.com/kurigashi/suzaku.html

※昨年、新栗期間限定で提供されていた傘風楼のパフェは無くなり、今年は、えんとつで通年提供の「モンブラン朱雀」との2点のみの販売になっています。

関連記事

✽ Comments ✽ 2

There are no comments yet.

栗千代  

神棚席。。。!!

年々お客様も増えてるのに
同じ番号で々席って、何か持ってますね~!!
そしてやっぱり美味しそう♪
他の人も栗の味の違いに気付いたのかな?

この記事を読んで。。。
今年はやる気にならなかった栗の渋皮煮を作ろうと
いつものお店に銀寄を注文してしまいました(汗)

2018/10/03 (Wed) 22:47 | EDIT | REPLY |   

そふぃあ  

Re: 栗千代さんへ

たまたま。。。でしょうが、同じような番号で同じような席に案内されると、何年も通っているのを実感します。
昨年、一昨年と比べられるからこそ、今年の栗の良し悪しにも気づきますね。
それにしても、近年は凄い人気ぶりで、来年は価格も更に上がりそうな気がしてなりません。(;^ω^)

栗さん家の渋皮煮も、毎年恒例ですね。
やる気になってくれてよかった!
できあがり、楽しみに待ってます。
(私がいただくわけではないけど)

2018/10/05 (Fri) 07:53 | EDIT | REPLY |   

✽ Leave a reply ✽