おコメ愛が止まらない ~松之山棚田アート2018~

Byそふぃあ

----- Saturday, August 11, 2018 ----------  Dawn太(生後1,265日)
「大地の芸術祭2018」が開催されている越後妻有地区。
地域内を車で走行していると、要所要所に棚田アート案内の幟旗がみられました。
それは、先に立ち寄った美人林の駐車場にも!

バーコードを読み取るとGoogle先生が案内してくれるというので、私たちもGoogle先生の案内に従い、棚田アートがあるという松之山の下布川地区へと向かってみました。

棚田アート2018
次第に山の中の細道へと案内され、「本当にこの道で良いの!?」と思った矢先、突如現る棚田アートの案内看板。

棚田アート2018
見ると、看板裏手にある小さな一枚の田んぼには、程よく草丈が伸びて完成しつつある、素朴で分かりやすい稲アートが形づくられていました。

棚田アート2018
棚田アートの主催者は おひつ膳 田んぼ
東京に数店舗を構える、美味しいごはんの専門店さん!

以前、地元・松之山中学校の生徒さんたちが、自分たちが育てたお米を東京で販売したというニュースを目にしたことがありますが、こちらのお店が一役買っていらっしゃったのですね。

大きな田んぼアートが作成される場合、その大半が市町村や観光協会などが主催元であるのに対し、全くの個人が携わっているというのも興味深いところ。
都会人だからこそ惹かれ、気付く田舎の魅力。
自然が好きで、お米の国に住む私たち以上に、お米が好きな人たちなのだと感じます。

棚田アート2018
案内看板は、3年前の開催当時のものがそのまま置かれていますが、緑色のコシヒカリをメインに、黄大黒(黄)、紫大黒(黒)、ゆきあそび(白)、べにあそび(茶)、あかねあそび(赤)と、5~6種類の稲苗が使われ、棚田アートが描かれているとの説明があります。

そういわれると、玄米がカラフルな古代米って、とてもお洒落に見えてきます。

棚田アート2018
今回の開催で4回目を迎える、おにぎりがテーマの棚田アート。
開催数と同じく、今年は4つのおにぎりが描かれていました。

棚田アート2018
丼:アァ~~~~ン! 

棚田アート2018
夕刻からは、ライトアップも楽しめるそうです。

棚田アート2018
大地の芸術祭にお越しの際には、是非、さらにもう少し山奥へと入って、美味しい空気と可愛い棚田アートに癒されてみてください。

棚田アート2018
場所はここ →



棚田繋がりでもう一箇所!

星峠の棚田
NHK大河ドラマ「天地人」の、オープニング映像として流れていた棚田です。

星峠の棚田
雨後ということもあり、緑濃い姿をしていました。

星峠の棚田
人にとっては鬱陶しい雨も、作物にとっては恵み。
久しぶりの慈雨に、稲も農家さんもホッと一息だったことでしょう。

関連記事

✽ Comments ✽ 0

There are no comments yet.

✽ Leave a reply ✽