春を告げる三国川ダム放流

----- Saturday May 5, 2018 ----------  Dawn太(生後1,164日)
春になったら、是非もう一度訪ねてみたかった 三国川ダム
変わった読みの「さぐりがわ」。
その名のとおり、新潟・群馬・福島の三県の山々からの水が集まってできた川で、少し訛って「さぐり」と呼ばれるようになったようです。
三国川ダム

これまでにも
。。。と、2度にわたって記事にしているので、ダムの詳細などはそちらを見ていただくとして、この度は、三国川ダムの春ならではの様子を!
三国川ダム

現地にある石を利用して造られた「ロックフィルダム」なので、周囲の自然に溶け込むようにある巨大な人工物。
三国川ダム

お気づきですか!?
平時は何の変哲もないはずのダムに、非常用洪水吐から放流されているということを!
三国川ダム

この地はとても雪深い場所。
三国川ダムでは毎年4月から5月上旬頃までの期間限定で、春先以外はほとんど見られない「越流」と呼ばれる放流が行われています。
三国川ダム

ダム湖内に大量の融雪水が流れ込み、それによって始まる放流風景は、南魚沼の地に春を告げる風物詩。
三国川ダムの非常用洪水吐は、非洪水期の常用洪水吐を兼ねた構造になっているので、融雪水で水位が上昇する春先になると、ダムマニア必見の放流風景が見られるのです。

管理僑を潜りった水は、放水路を下って行きます。
三国川ダム

放水路から轟々と水音をたて、魚のうろこ状の模様を織り成して流れ落ちる水は、様々な表情を見せ、まるで生き物のように映し出されて、時間を忘れていつまでも見ていられます。
三国川ダム

「まるでスキーのジャンプ台のよう!」と言った人がありましたが、まさにそんな光景に感じました。
三国川ダム

現地の臨場感は、短め動画でどうぞ!

念願だった春の放流風景を満喫したあとは、天端へ移動。
三国川ダム

天端より上流側を眺めると、春ならではの光景をつくり出している大元が見えてきます。
三国川ダム

先ほども述べましたが、三国川ダムの非常用洪水吐は、非洪水期の常用洪水吐を兼ねた構造になっています。
大雨になり、ダム湖が一定水位を越えてしまった場合、右側に見えるアーチ状の部分から自然越流により、ダム湖の水が非常用排水吐に流れ込んで放流されます。
洪水期には、奥側に見える赤いゲートは閉められたままです。
三国川ダム

このゲートは「非洪水時常用排水吐」といい、10月頃から5月末頃までの洪水が起こりにくい時期、降雨や融雪によってダムへの流入量が増えた際に使用されます。
つまり、春先に見られる放流スタイルは、洪水時とは異なるかたちでの放流になるわけです。
三国川ダム

使用されているロック材は、天端からも見える三角形をした斜面から削り出されたものです。
人工物なのに不自然な感じが無いのも、地元の物を使って造ったロックフィルダムだからなのでしょう。
三国川ダム

静かに水を湛えるダム湖。利用可能な水量は、東京ドーム約16杯分といわれています。
三国川ダム

鴨が2羽、気持ち良さそうに湖面を泳いでいました。
三国川ダム

天端周辺には、地元作家さんの作品が点々と置かれています。
三国川ダム

標高439.5m地点。
三国川ダム

昭和44年(1969年)に大洪水が起こり、死者4名、重傷者9名。建物3,300戸余りが被害に遭うという、大きな被害が起こっています。
三国川ダム

これを契機にダム建設が計画され、昭和50年(1975年)に事業が着手し、平成4年(1992年)に18年の歳月をかけて完成。
魚野川流域のダムの中では、最も大きな規模になりました。
三国川ダム

魚沼地域一帯が守られ、美味しいお米がとれるのも、ダムのお陰ですね。
三国川ダム

三国川ダム

三国川ダム

ダム湖は「しゃくなげ湖」とも呼ばれます。
三国川ダム

時期が良く、ダム周辺に自生しているという、アズマシャクナゲ開花の時でした。
三国川ダム

三国川ダム

直射日光の中の散策は暑く、水辺を見つけてニッコリなお犬さま。
三国川ダム

すっかり冷えてもらったあとは。。。
三国川ダム

私たちだけで、2度目の監査廊見学に行ってきます。
三国川ダム

まずは前回同様の館内説明があり、一旦外に出て、この日の放流状況などを説明されました。
三国川ダム

排水吐からも大量に放水中でしたが、この日はさらに湖内の水が多くなっているということで、▼右上に見える洪水期常用洪水吐と、その左隣に見える利水放流ゲートからも放流していました。
丁度田植え期で、田んぼに水が必要な時期でもあるので、せっせと放流していたのでしょう。
三国川ダム

三国川ダムでは「専用エレベーター」で、あっという間に地下約100m地点へと降りることができます。監査廊内、常に気温は10℃程度なので、見学には上着が必要です。

こちらは、前回も見学した「常用洪水吐ゲート室」
三国川ダム
▲私たちが立っている床下を青い線の幅で ▼矢印方向に水が流れています。
三国川ダム

ここまでの話は、前回見学記事に詳細があるので こちら で確認していただくとして。。。
この度の監査廊のメインは、前回、雨のために見学が出来なかった「利水放流ゲート室」

0.5m3/s程度の放水時が、安全圏として通常見学できるようです。
春の放流時にも関わらず、この日は6㎝ほどゲートが開けられていました。
三国川ダム

ゲート室にいるうちから、轟々という水音が耳に届いて期待大でしたが、頑丈な扉を開けた先には、想像を超えた迫力の光景が広がっていました。
三国川ダム

三国川ダム

物凄い濁音と水飛沫と共に、水が一気に押し出されて行きます。
三国川ダム

壁にある▼この部分から空気を吸い込み、水を押し出しているのです。
三国川ダム

写真だと、ただの細くて白い物体のようですので、動画でもどうぞ!

館内を案内して下さった係の人も
「凄い音と風圧なので、長い時間いると、ちょっと体調もおかしくなります。」と。
三国川ダム

今回は雪解け放流時期なのに、利水放水の様子まで見学できた事がラッキーなくらいでした。
前回の私たちのように、雨季になると水量が多くなって見学できない場合もありますし、全く放水が無い日には、放水管だけを見学するケースもあるそうです。

山間の地なので、係の人も仕事中にいろいろな動物に遭遇するそうですが、放水されていない管の中を歩いてきた熊に遭遇したのが、一番驚いた事件だったと話してくださいました。
通報により猟銃会の方が来られ、熊さんは熊汁になったそうです。


地域に開かれた三国川ダム。
この度も新しい発見がたくさんあり、とても有意義な時間を過ごせました。

監査廊の見学は随時可能(放流ゲート室は天候により中止の場合もあり)。
今シーズンの洪水吐ゲートからの融雪による放流は、GWいっぱいで終了していると思われますので、また来年春の融雪期を狙ってみてください!(4月中は道路除雪がされていない場合もありますので、情報収集してから行かれてください。)

関連記事
✽最後までご覧いただきありがとうございます✽
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

ランキングに参加しています。
日に1回、Dawn鼻をポチ!してもらえると励みになります。

© 2012- Dawn Over the Clover Field♪. All Rights Reserved.
✽✽✽

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

✽最新記事✽
脳トレ川遊び 2018/06/22
蕎麦処かむら 2018/06/21
漁師飯と波しぶきコーヒー 2018/06/20
笹川流れde海水浴 2018/06/19
犬の大運動会 2018/06/18
涼味一服 善作茶屋 2018/06/17
下条川ダム 2018/06/16
パンケーキとハンバーガーの美味しいお店 2018/06/15
マーヤくんの応援に 2018/06/14
5月中旬ベジメニュー 2018/06/13
続・平成餅合戦 2018/06/12
小谷野豚と黒麦乃酒 2018/06/11
雨の糸魚川ジオサイト巡り 2018/06/10
塩の道と宇宙を旅したササユリの種 2018/06/09
今井琴ざわそば(再々訪) 2018/06/08
✽カテゴリ✽
✽検索フォーム✽
✽最新コメント✽
✽リンク✽
✽月別アーカイブ✽
✽RSSリンクの表示✽
✽スマートフォンで見る✽
QR