FC2ブログ

軽井沢・白糸の滝

----- Saturday, April 28, 2018 ----------  Dawn太(生後1,160日)

先に立ち寄った「鬼押出し園」から10㎞弱の距離ということもあり、皆さんと園の駐車場でお別れしたあとは、滝好き!名前だけは聞き覚えのある 白糸の滝 に立ち寄ってみました。
白糸の滝

白糸の滝は、緑の樹々が蓄え、6年もの歳月をかけて岩盤の間から湧き出した、浅間山の伏流水が流れ落ちているものです。
白く細く流れ落ちる様子が糸のようであることから「白糸の滝」と呼ばれるようになったとか。
ヒーリングパワースポットとしても有名な場所であり、軽井沢の景勝スポットの一つとしても外せない場所になっています。

周辺地には駐車場や売店などが完備され、観光客の受け入れ態勢も万全といったところ。
ここから森林浴を楽しみながら150mほど歩くと、お目当ての滝に出会えます。
白糸の滝

すでに夕方5時になろうかという時間帯でしたが、まだ大型バスなども到着し、観光客もそれなりにいて驚きでした。

堰堤下流にある段瀑の様子。
白糸の滝

歩き始めから水音が気になって仕方の無い子は、柵を越えて身を乗り出す。(;^ω^)
白糸の滝

程なく目の前に現れる白糸の滝。
落差は3mほどで、驚くほどの高さではないのですが、綺麗に湾曲したかたちで幅が70mもあり、さながら水のステージを見ているようでした。
白糸の滝

源流が地下水という潜流瀑なので、雨後でも水が濁らず綺麗なまま。
白糸の滝

当然こうなる!
白糸の滝

水温が11~12℃程度なので、ワンコが水遊びをするにも丁度良さそうです。
滝壺も程よい広さで、深さ的にも水遊びに最適なくらい。(実際に泳がせたら避難轟々でしょうが)
白糸の滝

実際、目の当たりにすると、こんなに綺麗な滝なのに「日本の滝百選」のようなところに名前も無くて、それがとても不思議でしたが、これ、もともとの湧き水地帯に施された人工滝なのですね!
白糸の滝

ことの始まりは、軽井沢の地に新たな観光名所をつくるため。。。だったのかも知れませんが、それから90年近くの歳月が過ぎて苔生し、周辺の緑とも溶け込むような姿となった今、「本当にこれが人造なのか?」とさえ思えてきます。
白糸の滝

 マイナスイオンをたっぷり浴び、足先だけ冷やしてスッキリした子がここに!
白糸の滝

この日は1日暑かったので、ここですっかりクールダウンできました。

春先の雪解け水な流れ込む大きな滝は苦手なくせに、何故かここでは下ばかり覗きたがる!
そこ、入っちゃダメなところだから!
白糸の滝

自然の中に、人が計算して生み出した造形美! 
白糸の滝

水草も心地良さそう。
白糸の滝

GWも終わり、今頃は新緑が色鮮やかで、さらに水の流れとマッチした景色をつくりあげていることでしょう。
白糸の滝

これから迎える夏場には、1ヶ月間にわたり「ライトアップ夜景遺産」に登録されている幻想的な風景も楽しめます。
夏場に行くなら夜ですよ!

先人たちの知恵と技。
現代人もしっかりと受け継ぎ、素敵な観光名所となっていますね。

関連記事

COMMENT 2

さいさん  2018, 05. 15 [Tue] 06:32

No title

マイナスイオンたっぷり浴びれそう!

Edit | Reply |  | 

そふぃあ  2018, 05. 15 [Tue] 07:38

Re: さいさんへ

日中だと、観光客でごった返しているようです。
夕方に行ったお陰で、静かでのんびり楽しめました。

Edit | Reply |  | 

LEAVE A COMMENT