あんこう受難の日

あんこう
生まれて初めて
「あんこうの吊るし切り」の様子を見ました。

あんこう吊るし切り
皮を剥がれ 内臓を取られ
上手に包丁を使いながら
かなりの重労働で 身が外されて行きました。

あんこう顎
食べられないのは
残ったこの顎の部分なのだとか。。。

あんこう汁
解体ショーのあとは
私も美味しく「あんこう汁」いただきました。


 にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle
すご~い光景 初めて見ましたよ
大きなあんこうだったのですね
あんこうにとって受難か?おいしい鍋になれて良かったのか?
✽そふぃあ✽">
Re: おばたりんさんへ♪
コメントありがとうございます。v-436

私にとっても、初めてのあんこう体験でした。
この日は、30Kgと25Kgのあんこうを捌いていました。
大きくなるのは全て♀なのだそうです。
この大きさですから、肝も大きかったですよ。

人間に美味しく食べてもらうことも
あんこうには幸せな結末なのかも知れませんね。

これは。。。!!
大迫力ですね!!
最後に残った輪が哀愁をおびてます。。。(;Д;)

あんこうって、こちらではあまり食べないのですが
そちらに旅行したお友達が送ってくれたものを食べて
あまりの美味しさにビックリしました☆
✽そふぃあ✽">
Re:栗千代さんへ♪
コメントありがとうございます。v-436

大きなあんこうを目の前で捌く様子は
迫力あって面白かったです。
食べられない部分の少ない魚なので
残された口の部分が悲しいですね。

そちらは、フグが冬の味覚ではないですか?
どちらにしても、旬は美味しいですね。


コメントの投稿

非公開コメント